BACK

2020/09/05

<SHIRO STAFF コラム vol.2>
働くママのゆるめるスキンケア

こんにちは、企画の渡辺です。
私は今、子供を育てながらSHIROで働いています。

「小さな子供がいて働いていると、スキンケアをする時間もないくらい忙しいのでは?」
と思われがちなのですが、実は私にとって本当に足りないものは、 時間よりもスキンケアに時間をかけたいと思う気持ちの方である、と最近気がつきました。

お仕事や家事で忙しいみなさまは、 毎日どのような気持ちでスキンケアをされていますでしょうか?
なんだか気分が乗らないな…という日もあるかとも思います。

私も、日々を過ごしていく中で、 これ以上、タスクを増やしたくない! というスイッチが入ってしまうと、 洗顔後何もせずに寝てしまうこともしばしばでした。
反省反省…と思いつつ、翌日にも寝落ちをしてしまったり。

けれど、最近はそれでもいいのかな、と思っています。
お腹が減ったら自然とご飯を食べるように、 乾燥を感じたら、補いたくなるだろう、という気持ちでスキンケアと付き合っています。

そして、毎日なるべく落としすぎないことや、 クレンジングは乾燥しにくいと感じるものを 使うことも大切にしています。
メイクをオフした後に、お肌に乾燥を感じてしまう時は、 その後の洗顔もしません。
また、普段から朝の洗顔は水のみにしています。

プラスの補うケアの方を増やすのではなく、オフを緩やかにすることで、 なるべく少ないスキンケアで過ごせると思うのです。

気持ちに、少しやる気がでてきたら ゆずオイルインウォーターで保湿もします。
水分と油分が一度で補えるので、 とても手軽な上に、オイルなのに水分が多いので、 仕上がりが軽いのが特徴です。
乾燥を感じた肌にも水分は入りやすいので、 すぐに変化を感じられます。
そして爽やかなゆずの香りが、 めんどくさくなった心をホッとほぐしてくれます。

スキンケアが楽しくて、いろいろやりたい!と思う日は、 きっと肌もお腹が空いているのだろうと思って、 ホットタオルを使ったり、ニームフェイスマスクタマヌオイルインセラムでしっかりと仕上げたりもします。

丁寧なスキンケアを続けることはもちろん大切ですが、 気持ちが疲れてしまった時は自らの気持ちに寄り添って、 日々のスキンケアをゆるめてみるのもおすすめです。

SHIROオフィシャルサイトは、¥10,000+tax以上で送料無料