BACK

2022/08/27

<SHIRO STAFF コラム vol.61>
アーティストコラボに込める想い

皆さんはじめまして、SHIROの車です。
今日は間もなく開始する第一弾アーティストコラボショッパー(お手提げ袋)への想いをお伝えしたいと思います。

9月1日(木)より、SHIROとして初めてのコラボショッパーの販売が開始します。今回コラボショッパーが始まったきっかけは、2022年4月1日より開始したショッパーの有料化でした。
日常における不要な廃棄物を減らし、森林資源を守るためにスタートした取り組みです。一番小さいショッパーを1つつくるためには二酸化炭素が51.1g排出されています。小さな1歩ではありますが、一人ひとりが意識することで環境負荷を減らすことができると信じ始めました。
しかし、お客様からすると、今まで無料だったものが有料になることはネガティブな気持ちになることも事実です。SHIROにとっても、街でSHIROのショッパーを持つお客様を見かけなることは少し寂しく感じていました。

チームでも考え悩んでいた中で生まれたのがアーティストコラボでした。お買い物をするときに、自分にとってショッパーが必要かどうか考えてもらうこと、そして買いたいと思う素敵なショッパーであれば一人ひとりが意志を持って購入していただけることこそ健全ではないかと考えるようになったのです。
社内でも話を聞くと、環境について考えるようになったきっかけは様々です。
私も実際にSHIROに入社し、自然について考える機会が増えたことで家庭でのごみの捨て方、いらなくなった子供の服を少しでも廃棄物とならないように考えるようになりました。ショッパー1つだけではなく、お客様一人ひとりが環境に対して考えるきっかけを提起することこそSHIROのやりたいことです。

そうして始まった取り組みの中で、僕はどのアーティストを起用するかを任されました。父の仕事の影響もあり、アーティストを身近に感じてきた私でしたが、そこにSHIROらしい人とは?と考えることは初めてでした。
今回コラボさせていただくのは、草木染めを用いて作品を制作している山本愛子さん。美大時代に廃棄される制作に使われたゴミの山たちに違和感を覚え、今はご自身のアトリエのそばに生える草木を使って作品をつくっています。
今回のアーティストコラボは、SHIROを支えるたくさんのお客様にご愛用いただいたサボンとホワイトリリーの香料変更のタイミングで行うこととなり、この香料変更をイメージし、作品をつくっていただきました。
実際に作品を見て、愛子さんとお話しをすると、この作品と香りのイメージが重なるようになりました。香りは様々な香料を組み合わせて雰囲気をつくりあげていること。それと草木で染められた布を組み合わせてできた作品はどこか似ている気がします。
そして、サボンやホワイトリリーを使ってくださるお客様からの声にあった、日常の中に溶け込み、そして毎日を彩る香りだと感じていただいているその想いと、自然の中、アトリエの中で馴染みながら素敵な雰囲気をつくるこの作品は重なるような気がします。

さらに、この作品には実際のSHIROの製品をつくるときに使用されたヨモギやカレンデュラで染められた部分もあるのです!(ショッパー内にあるので予想してみてください。)

こうして出来上がった作品をショッパーのデザイン、ムエット(試香紙)のデザインに落とし込んでいきました。
今まで、SHIROは自分たちでつくることにこだわってきましたが、想いの通じている愛子さんのデザインが加わることで、少し異質な、それでいて馴染んだ素敵なものができました。
ショッパーの提供開始はもうすぐ。街でこのショッパーを持っている人を目にすることを想像するとすでに胸がいっぱいになります。お客様の、そしてSHIROの皆の想いの詰まったサボンとホワイトリリーの香料変更ですが、こうして不安よりも楽しみな想いで迎えられることを心より嬉しく思います。
お客様がショッパーを手に取ってくれるとき、未来を一緒に考える仲間が増えるのだと信じています。

※発売を延期しておりましたお手さげ袋は9月3日(土)よりSHIROオンラインストア(午前10時)、SHIRO全国直営店舗にて小サイズ及び中サイズの発売を開始いたします。
大サイズにつきましては、9月中旬頃に発売開始予定となります。

おすすめコンテンツ

SHIROオフィシャルサイトは、11,000円(税込)以上で送料無料