BACK

2022/04/09

<SHIRO STAFF コラム vol.45>
香りを届けること、その想いについて

こんにちは、SHIROの保坂です。
皆さん、「サボン」と「ホワイトリリー」の一部香料のリニューアルのお知らせをご覧になりましたか?
私は、今回の香料変更を受けて、アンケートやインスタライブを企画してきました。その結果には、たくさんの温かい想いが溢れていて、まだ見ぬお客様を何度も想像してしまいました。
香りを自分の香りと言われるほどまで愛用してくださる方、毎日共にいるからこそ生まれる、香りと誰かとの素敵な思い出。「サボン」や「ホワイトリリー」に対し、香り以上の想いをもって向き合ってくれていることを改めて知ることができました。
そして、今回の件は私の想像をゆうに超える不安をもたらしてしまうだろうと心から理解できたのは、皆さまの声を目の当たりにしてからでした。

私は販売促進を業務として担っているのですが、単に販売促進という観点だけだと、「よりよい香りをつくれたら、もっとたくさんのファンの方に愛されるはず。その製品の良さを伝えよう」と片づけてしまうこともできます。
しかし、お客様の声を知り、SHIROらしさというものに「誰かと誰かの繋がりを大切に向き合うこと」というものがあるのだとわかったのです。
そして、世の中にたくさんあふれている香りの中から、この香りにここまでの想いを持っているのか、と知ると、何としてでも今使っていただいている皆さんとの関わりはこれからも持ち続けたいと感じています。(私たちはたくさんの香りに触れる機会が多く、1つの香りへの想いというものを皆さまのように理解することがあまりできていなかったのです。)今までお店に立つスタッフから、お客様の声を聞くしかできなかったのに、目の前にこんなにも皆さんの声が届いたということだけでもとても感動したのです。
さらに、開発しているメンバーの苦労や不安を見ていると、きっとお客様には伝わるはず、想いを伝えるのが私の役割だと感じるようになりました。

このように私たちがお届けしている香りを大切に想ってくださる皆さまと、どのような未来をつくっていきたいのか考えてみました。
言葉にすると簡単になってしまいますが、「香りを深く知り、もっと好きになって欲しい」と考えています。「サボン」や「ホワイトリリー」を、そして他の世界中にある香りを楽しみ、皆さんが自分らしくあるために、そしてなりたい自分になるために、そっとそばにいる存在になれるのが香りです。大切な人といるとき、1人で挑戦をするとき、そして悲しみに浸りたい時だって香りはその気持ちを後押ししてくれます。
私の恋人に悲しい出来事があったときに、長嶋から「OVER THE RAIN」をもらったことがあります。悲しみを消すことはできませんが、香りをつける度に、「長嶋さんと悲しい出来事の思い出の香り」と話しています。悲しみは忘れるだけではなく、風化させないように、何度も考えることも大切で、香りと人のやさしさがその手助けをしているのだと目の当たりにしました。 いつもつけるには心が一杯になってしまうけど、想いの詰まった香りが人生の中にあることはとても素敵だと思います。

星の王子さまが言っていたように、「かんじんなことは、目に見えない」。人生を豊かにするために、大切なことを探したいと思う人も多いはずです。いろいろな大切な瞬間に、自分らしくさせてくれる香りを皆さまに持っていて欲しいなと願っています。きっとその香りが、大切な思い出を忘れられないものにしてくれるはずです。

そして、そんな香りを見つける手助けをするために、私たちはこれからも香りを届けること、香りを楽しむ提案を続けていきたいです。

SHIROオフィシャルサイトは、11,000円(税込)以上で送料無料