BACK

2021/12/11

<SHIRO STAFF コラム vol.29>
「さくら咲け」の願いと共にある香り

こんにちは、SHIROの梅津です。
今年も発売する限定フレグランスの「さくら219」。
この219の数字の意味を皆さんご存じですか?
実は「さくら219」の香りは、他のフレグランスとは異なる誕生秘話があるのです。

2011年の冬、翌年の春に発売するフレグランスの香りを考えていました。
しかし開発しているのは、雪深い極寒の砂川の地。春のイメージを膨らませることに苦戦していたのです。
砂川の試作をするスペースにはいくつもの桜の風景写真や、雑誌の春服のページを大きく印刷したものを張り、何とか春の気分になって考えようとしていました。

それでも行き詰っていたある日、ブランドプロデューサーの今井が、「若い女の子たちがちょっと背伸びして付けたくなる香りにしたいよね。」と言いました。
ちょっと背伸びする気分と春の気分はなんだか通じたウキウキした感じがありますよね。
新しい環境に飛び込む方が多い春、背筋を伸ばして出かけるときにつけたくなる香り。

そんなヒントとともに、SHIROファンの一人の女の子のことを今井から教えてもらったのです。
彼女は、もうすぐ大学受験を迎える、かわいいファンでした。
そんな彼女は、合格したら、SHIROの製品を買うんだと伝えてくれました。

SHIRO(当時ローレル)のことを好きでいてくれるものの、高校生にとっては高く、少し背伸びしないと買えないものだったのです。

彼女のその素直な気持ちは私たちが考えていた「背伸びしてつけたくなる香り」というコンセプトとぴったりでした。
そんな彼女を応援したいという想いで私たちは香りづくりを再開しました。

フレッシュでいて、どこか大人びた甘い香り。
イメージにぴったりな香りをつくるまでに219回もの調香を行ったのです。
それが「さくら219」の219の由来です。

今年は、彼女のような受験生を応援したい気持ちに立ち返り、高校生の皆さんも使いやすい、お守りになるようなアイテムをつくりました。
受験のときだけでなく、新しい挑戦をする皆さんの鞄にそっと潜ませてください。
背筋が少し伸びる、優しく甘い香りがほっと心を癒し、前を向かせてくれるはずです。

「さくら咲け」という願いが、皆さんに届くことを、そして挑戦するときにこの製品が皆さんのそばにあることを願っています。

SHIROオフィシャルサイトは、11,000円(税込)以上で送料無料