BACK

2021/11/13

<SHIRO STAFF コラム vol.25>
スタッフあの日のサボン

こんにちは、SHIROの保坂です。

SHIROを代表する香り「サボン」。発売してから10年以上もの間、お客様にご愛用いただいてきました。
ブランドを知っていただけるきっかけとなったとお伺いすることも多く、皆さまとの出会いもサボンが繋いでくれたと思っています。
今回、これまでご愛用いただいたお客様に感謝の気持ちをこめて、過去のパッケージをオマージュしたスペシャルコフレ、「サボン マイファーストコフレ」を11月29日より予約開始いたします。

それをきっかけに、長年SHIROのサボンを愛用してくださっているお客様のサボンとの出会いや思い出を知りたい、そして、SHIROファンのお客様ともっと関わっていきたいという想いから、サボンにまつわる思い出を募り、シェアする「#SHIROあの日のサボン」特設ページをつくりました。今回はその中から、SHIROスタッフの思い出をご紹介したいと思います。


本社スタッフ
-----
実はサボンは今の旦那との初めてのデートのときに付けていた香りです。
初めてのデートのことを今でも思い出せるのは、サボンの香りに囲まれて仕事をしているからかもしれません。
恥ずかしがりの彼から、香りを直接褒められたわけではないですが、今も一緒にいるのはこの香りがきっかけな気がします。
今でもサボンの香りを手に取る日にはふと、あの日のことを思い出してしまいます。
-----
札幌ステラプレイス店スタッフ
-----
私のエピソードは、シロに入社するキッカケとなったお話です。
2015年親友の結婚式が東京でありました。
どんな時も応援してくれて、会えば涙を流しながら笑って話せる親友です。
その親友の結婚式の引き出物で『サボンのファブリックソフナーとファブリックミスト』が入っていました。
引き出物でこんなに豪華な物をいただいたことがなく、帰宅し使ってみたところ香りの虜になりました。
その当時はシロの会社理念も知らなかったのですが楽しい結婚式の思い出も重なり『なんて幸せな香りなんだろう』と思い、その後ルームフレグランスを購入しにお店へ通いました。
月日は流れ2019年。私はシロに入社しました。
『何か私でも人の為になる仕事がしたい』そう考えてた時にサボンの香りの引き出物をいただいて幸せな生活を体験した事を思い出したのです。
私にとっての『あの日のサボン』は、親友の結婚式での思い出の香りと、私とシロを繋いでいただいた香りです。
-----
元スタッフ
-----
思い返すとローレルで働くきっかけとなったのはサボンの香りでした。
姉がルームフレグランスをギフトでもらってすごくいい!と聞いて、調べると博多店がオープンしたばかりだったので、お店に行ってボディコロンを購入したのがローレルとの出会いです。 九州初出店だったのでブランドのことを知っているお客様は少なく、とにかく種まき!!と来る日も来る日もサボンのムエットをひたすら配る毎日でした。
そんな中でこの香り何ですか?と戻ってきてくれるお客様が1番多かったのがダントツでサボンの香りです。そしてわざわざ戻ってきてくれることがとても嬉しかったです。サボンの香りすごい!!と思ってました。
ルミネ大宮の催事でもかなりの威力を発揮し、サボンの行列ができたのを今でも覚えています。 今もたまにすれ違う人からサボンの香りすると、あ!と懐かしくなります。
やっぱりサボンは誰からもいい香りとほめられる万能な香りですね。これからも愛用します。 今のSHIROの洗練されたパッケージもとてもおしゃれですが、あの当時の香りごとに書かれたイラストも可愛くて思い出深く、今も大切に取っています。
-----

香りと記憶は結びつくとよく言われます。
サボンの香りは、他にはないのに、いつか嗅いだことがあるようなどこか懐かしい雰囲気がある気がします。
私のサボンとの思い出がこの香りを懐かしいと思わせているのかもしれません。

皆さまの生活にサボンが共にあることで、優しく素敵な記憶をふと思い出すきっかけになれることを願っています。

SHIROオフィシャルサイトは、10,000円(税抜)以上で送料無料