BACK

2021/10/09

<SHIRO STAFF コラム vol.21>
肌の声に耳を傾ける スキンケアを本当に楽しむこと

こんにちは、SHIROの林です。
普段はエリアマネージャーとしての仕事や、インスタライブなどに出演させていただいています。
今回は、毎日スキンケアをする中で、誰しもが経験する肌変化やトラブルについて、私なりのスキンケア方法と考え方をご紹介します。

インスタライブやDMでよくスキンケアについて質問されるのですが、いつも思うことが、人によって、そしてその時の状態によって回答が違うということです。
私自身大切にしていることは、スキンケアをしながら肌に触れることで、変化や調子を理解すること。
これを繰り返すことで、その日の肌に必要なもの、量がわかってくるような気がします。

肌と対話を繰り返して感じるようになった変化のポイントは、いつも使用しているスキンケアがピリついたり、浸透しないと感じるかどうかです。
そんな時は、肌の疲れはもちろん、体の疲れが現れているサインだと思っています。
特にそのサインは、がごめ昆布美容液を付けるタイミングで気づくことが多いです。
とても水分量を豊富な製品なので、乾燥やごわつきが気になる肌に水分を与えようとすると、ピリッと刺激があり、沁みるような感じがすると考えています。
いつもは、ごくごく飲むように浸透するがごめ昆布美容液も、肌の調子によっては、なかなか浸透せず受け付けてくれない時もあります。
水を欲しているはずの肌が、疲れてしまっている状態です。

わかりやすいニキビや乾燥だけでなく、肌の調子にもいろいろな変化があります。
そして、刺激がある日は肌がそれを求めていないのです。
そんな時は、潔くつけるのをやめる。減らす。
しかし、そんなときも肌を最低限乾燥させないことはとても大切です。
水分が沁みるときにはオイルを一緒に混ぜると刺激が和らぐこともあります。

インスタライブで何度もお伝えしている通り、私はオイルが大好きです。
それももともとは、とても乾燥しやすく、外の空気やエアコンなどでとてもピリつきやすい肌質だったからです。
だからこそ、水分と油分のバランスがとても大切だと考えています。

そんなオイル好きの私のスキンケア。

洗顔後は、すぐにオイルを半プッシュ広げ、肌を守るのが鉄板です。
化粧水の浸透がうまくできていない、ピリつきなどが起きやすい方は、是非、オイルを使用してみてください。
オイルが肌をやわらかくし、化粧水をぐんぐん受け入れてくれるようになります。
上質なオイルは、肌への浸透が抜群ですので、お肌がふっくらとして、綺麗なツヤが生まれます。
肌トラブル予防に上質なオイルは欠かせません。

肌はいつも変化します。小さなトラブルを問題だと落ち込むのではなく、自分の肌を知り、何をするべきか考え、トライすることは楽しいことです。
乾燥も、ニキビも、スキンケアを楽しむためのきっかけにできます。

悩んだらいつでもDM下さい。一緒に楽しみながらスキンケアをしましょう。

SHIROオフィシャルサイトは、10,000円(税抜)以上で送料無料